オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風通過後は点検を!


台風通過後は点検を!
九州では8月に入って2週連続で台風が発生しましたが、ご自宅が被害に遭ったりお怪我などはされてないでしょうか?

九州は日本の中でも、比較的多く台風が発生するイメージがありますよね・・
直近の台風10号が去り安心されてる方が多いと思いますが、台風が最も多い8月に次いで9月も台風シーズンとなります
ですので、油断は禁物です

5月にも台風シーズンに備えての対策をご紹介していますがもう一度お伝えさせていただきます!
【 以前ご紹介したコラム▶▸台風が来る前に! 】

そして今回は台風通過後の点検についてもアドバイスさせていただきます!

台風対策をおさらいしましょう!

台風通過後は点検を!
台風シーズンへの備えとして大きく2つ『防風対策』『大雨対策』が必要となります。
というのも被害で最も多いのが『飛散』と『雨漏り』だからです(;´Д`)

これらを防ぐために5つのチェックポイントがあります
①屋根材の破損(ひび割れ・割れ・欠け)やズレ
 金属屋根の場合、錆び・浮いてる箇所
②棟板金の釘の緩みや板金の浮き
④雨樋に落ち葉やごみが溜っていないか
⑤外壁に亀裂や窓枠のコーキングの痛み

この5つをチェックしましょう!

★その他・・
◎庭や家の周りを確認し、置きっぱなしになってる物は室内へ
◎飛散防止フィルムなどを貼る
◎プロパンガスを利用されてる方はガスボンベがしっかり固定されているかの確認
◎庭木を植えてる場合は固定・補強を行いましょう

ただ、こういった台風接近時に毎年起きているのが屋根からの落下事故です・・
ですので、天候が良い日に地面から目視できる程度でチェックしてみてください!
お屋根の上の点検に関しては専門の者に任せるのが安全ですので、是非 街の屋根やさんの無料点検をご利用ください

台風通過後の点検

台風通過後は点検を!
台風が去った後ですが、なるべく天候が良くなってから点検を行いましょう!!

台風通過後の点検も、基本的には先ほどご紹介した5つのポイントを見ていきます。
特に『飛散』『雨漏り』に注意してチェックしてみて下さい。

①屋根材の破損(ひび割れ・割れ・欠け)やズレ→落ちてないか・飛散して他に被害を受けていないか
 金属屋根の場合、錆び・浮いてる箇所→飛散してないか
②棟板金の釘の緩みや板金の浮き
④雨樋に落ち葉やごみが溜っていないか
⑤外壁に亀裂や窓枠のコーキングの痛み→雨水が侵入していないか

自分のお家ではしっかり対策をされていても、ご近所の飛散物による損傷もあり得ますのでご注意を

また、建設中・リフォーム中に台風が重なった場合は特に不安や心配があると思います。
柱や床材が濡れることは特に問題はないようですが、波打つ程の変形や膨張、変色がみられる場合は施工業者へ確認をしてみて下さい。

まとめ

台風通過後は点検を!
九州は台風が多く発生しますが、福岡へ直撃せずうまくそれてくれることが多い気がします。
しかし、台風に限らず自然災害はなかなか予測できないものです
今後、自然災害情報が発表された場合は早めに対策を取ったり、防災グッズを揃える、なるべく外出は控えるなど身の安全を守ることを心がけてください


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732