オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

正しいラバーロック工法とは?瓦のズレ防止に瓦止め


今年は大型台風が日本に上陸し沢山の被害が出てしまいました。
台風被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

瓦が飛んで外れてるニュースなど見ましたが、強風で瓦がズレる事はありがちな事です。
瓦がズレる事で雨漏りの原因になりますので、台風のあとは瓦をチェックした方が良いでしょう。
できるだけ瓦がズレたりしないようにする対策がラバーロック工法(瓦止め)です。
しかし、間違った施工をしてしまうと逆効果なり湿気が篭る屋根になりますので注意しましょう。
ラバーロック工法
ラバーロック工法(瓦止め)とは強風により瓦がズレないようシーリング材(コーキング材)で瓦と瓦を止める工法です。
ある程度の強風には一定の効果があり瓦のズレ防止となります。
画像の通り雨水が流れる量の少ない山部分をシーリングで接着していきます。


ラバーロック工法
上記画像のように接着部分がL字になるようにコーキングしていきます。
このようにL字型にコーキングするのが正しいラバーロック工法です。

ラバーロック工法
瓦は隣り合う瓦の隙間から瓦下空間と外気が通気しています。
もし瓦全体をコーキングしてしまうと瓦と瓦の隙間が無くなってしまい瓦下の湿気を排出する事ができず、瓦桟木・野地板を腐朽させる事に繋がります。
正しいラバロック工法(瓦止め)で瓦のズレを防止し雨漏りを防ぎましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

糸島市で瓦のずれを直し瓦止めの工事を行いました。

ずれた瓦
瓦止め
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シーリング材
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732