オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装に使用する下塗り材の種類と効果


屋根塗装の下塗り剤の役割
塗装には下塗り、中塗り、上塗りの3段階があります。
中塗りと上塗りは仕上げの塗料の2度塗りです。
今回は、中塗りと上塗りとは違う塗料を使用する下塗り材とは何なのか、どういった役割があるのかを見ていきます。

シーラー、フィラー、プライマー

塗装の下塗りの種類
屋根や外壁の塗装の下塗り塗料には、主にシーラー、フィラー、プライマーの3種類があります。
下塗りには、中塗りや上塗りの塗料が屋根や外壁にしっかり密着させるための、接着剤のような役割をもっています。
そのため、下塗りの作業を省いてしまうと、塗装がはがれやすくなり塗料が長持ちしません
塗装する際に、下塗りが必要ないほどの状態の良い屋根というのはほとんどないので、「下塗りは必要ない」という塗装業者がいたら、その言葉は決して信じてはいけないのでご注意ください。

下塗り材は、屋根や外壁の材質や状態に合わせて使い分けられています。

一般的な下塗り材シーラー

屋根塗装用 下塗り材シーラー
シーラーの語源は「シール」から来ています。
屋根や外壁の付着性を高めるための塗料になります。
主に、コンクリートや石膏ボード、モルタルの材質に使用されます。
吸い込みやすいため、クラックがあるなど傷んでいる屋根や外壁には使用あまり向いていません。

シーラーには主に3種類あります。
★合成樹脂エマルション型シーラー
 もっともメジャーな水性のシーラー。
★熱化性合成樹脂系溶液型シーラー
 油性タイプのシーラー。水性より密着性はやや高い。 
★溶剤型熱硬化性合成樹脂シーラー
 浸透性が高く、塗料がしみこんで定着しないような外壁や屋根に下地強化塗料として使用される。

ひび割れやすい材質にはフィラー

屋根塗装用 下塗り材フィラー
コロニアル屋根など繊維がむき出しになっていたり、クラックなどダメージのある屋根や外壁には、シーラーだと吸い込んでしまい何度も塗り重ねなければならなくなります。
屋根用のフィラーだと1回の下塗りで、上塗りがキレイに仕上がり、剥がれにくく耐久性が高まります。
主にモルタル系の外壁の小さなひび割れ補修や、凹凸や段差を平らにするために使用します。

上塗りとの密着を高めるプライマー

屋根塗装用 下塗り材プライマー
プライマーはシーラーと同じと思ってよいのですが、シーラーは上塗りの密着を高めるだけでなく、上塗りが下地に吸い込まれるのを防ぐ効果があり、プライマーは単に上塗りとの密着を高めるために使用されるものになります。
トタンやカラートタン屋根など金属屋根のサビ止め効果があります。
また用途に応じてコンクリートやタイル用のプライマーもあります。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732