オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装はすべてのどんな材質の瓦の屋根でもできる?


屋根の塗装は、屋根の修理の中でも他の工事に比べて手軽に行なえる補修工事の一つです。
塗装を考えているけど、そもそもうちの屋根って塗装できるの?塗装できない屋根ってあるの?

塗装できない屋根とは?

色々な屋根、全部塗装できるのでしょうか。
日本の屋根は年々多様化してきており、和瓦だけではなく、スレートや洋瓦、平板瓦、波瓦など屋根の材質も形状も色も多種多様なため、うちの屋根ではできるのか、まず初めに考えることではないかと思います。
答えとしては、できる屋根とできない屋根はあります。

ニチハという会社が販売したパミールといわれる屋根材のスレート屋根です。
1996年から2008年に製造販売されていたそうで、現在は販売が終了となっています。
塗装後日、表面が剥がれてきたり、屋根が浮き上がってきたり、割れたり、外れたりといったトラブルが発生していたとのことです。

パミールのスレート屋根は、普通のスレート屋根との見分けが難しいため、塗装を考えている場合はしっかりと屋根の専門業者(プロ)に見てもらうことでトラブルを未然に防ぐことが大切です。

塗装の必要がない屋根

粘土系の瓦は塗装の必要がない
塗装ができない屋根だけではなく、塗装の必要がない屋根もあります。
それは粘土瓦の屋根です。
粘土瓦は重くて耐震強度には劣り割れたりすることはありますが、
耐熱性や耐久性、防水性に優れいるため、
半永久的に塗装などのメンテナンスが必要ない瓦の屋根です。

大切な屋根を守るために・・・

自己判断で塗装を行って大切な屋根をダメにしてしまわないよう、
塗装を依頼する際は屋根専門のプロの業者に屋根を直接しっかりと見てもらい、
塗装ができるのかはたまた必要なのかを診断してから工事しましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732