オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装の時の色の選び方


屋根の色は何色にしよう?
屋根の塗装をしようと考えたとき、何色にしようかとまず最初に悩むことと思います。
家のイメージは、屋根と外壁の色の組み合わせや屋根の形、面積で大きく変わってきます。

多くの家の屋根は、黒やダークグレーなどの暗めの色が汚れなどが目立ちにくいため広く一般的です。
また、外壁がベージュなどの明るい色を多く使われており、屋根に色の重みをもたせることでバランスがよく見えるため暗めの色が選ばれます。

塗料の色の種類は、昔に比べると格段に増えています。
何色にするのも自由ですが、ヘアカラーやネイルのようにすぐ塗り替えるようなものではないので、後々後悔しないようポイントを押さえながら屋根の色を選びましょう!
屋根は汚れやすい!
屋根は家の部位の中でも一番汚れやすいとこと言っても過言ではありません。
雨や雪はもちろんのこと塵や砂などの飛散物や鳥の糞、木の葉、ゴミなどでとても汚れがつきやすい部分です。
屋根の色によっては、とくに明るい色は汚れが目立ちやすくなることがあります。
また、鮮やかな色は色褪せしやすくなります
特に赤系は紫外線を吸収しやすいため、黒系や青系に比べると色褪せが早い傾向にあります。
c632770bf3606d0b52dd490b8af3a618_s-simple
色の面積効果とは、同じ色でも面積によって見え方が変わる効果のことをいいます。
明るい色は広い面積になればなるほど鮮やかに見えてきますが、暗い色は全体的に暗く見えます。
小さな色見本で選んだ色を実際に屋根に塗ってみると違った色に見えるため、明るい色を選ぶ際は1~2トーン暗く、暗い色を選ぶ際は逆に1~2トーン明るい色を選ぶとイメージ近い仕上がりになりやすいです。
64fd8a4aa0e81f39443742de85474efb_s-simple
屋根の色を決める際は、ベージュや淡い桃色などの外壁にはダークブラウン、薄い水色の外壁にはダークブルー等、暖色系には暖色系を合せるなど同系色の濃い色と淡い色を合せるとバランスのとれた配色になります。
屋根は外壁よりも暗い色にすると、家全体が締まった印象になります。

外壁の色とのバランスだけでなく周囲の環境とのバランスにも配慮することが大事です。
悪目立ちしないためにも・・・!

まとめ

上述の3つのポイントを押さえて、シミュレーションやサンプル写真を見るなど、イメージに近いものに仕上がるよう屋根の色を選びましょう。
ちなみに、屋根の人気の色は、ダークグレー系、ブラック系、ダークブラウン系、ダークグリーン系のダーク系です。
近年増えているモダン系スタイルの住宅に合わせやすい色です。
ご参考までにしていただければと思います。

ご相談はお気軽にお問い合わせください!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732