オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根が落っこちてしまう?!屋根の落下注意予報


日本家屋
少し前の日本では、屋根といえば瓦屋根が一般的でした。

日本全国見ても、まだまだ昔ながらの日本家屋を多く見かけます。
和瓦で細かいところまで装飾にもこだわっていたり、作りや形にこだわっていたりして
そんな屋根ほどに日本の趣を感じますね。

古くの日本の家屋は杉皮を敷いて、その上に土を盛り瓦を設置していました。
そんな昔ながらのお家を見に行きました。

粘土瓦 茶色

こちらの瓦は粘土瓦です。

粘土を使って1,000℃~1,300℃もの高温で
焼き固めたものです。

高温で焼き上げることで、
耐久性に優れた強い瓦になります。

粘土瓦 土葺き

土を使って屋根を施工しています。
土葺き(つちぶき、どぶき)と言います。

このお家は杉皮を敷いて、
その上に土を盛り瓦を設置していました。
昔ながらの工法ですね。

ただし、
土が経年変化で痩せてくると瓦を支えきれず、ずれてしまったり、台風や風で落ちてきてしまったりします。
瓦 陥没
また、ずれた部分から雨が土に染み込み、
雨漏りにつながってしまうことがあります。

このような状態を気付かずに放置してしまうと、
屋根を支えている木まで水が染み込んでいき、
木が腐ってしまいます。

こうなると、その屋根は危ないです。

丸の部分は、瓦の重さに耐えきれず、へこんでいます。

下を通るときは注意が必要ですね。
早急に屋根の葺き替えをお勧めします。
でも、屋根の上なんて、皆さん普段から気にかけていますか。

上から瓦が落っこちてきたら、頭の上から屋根が落ちてきたら、、、なんて、考えませんよね。

屋根にも目安の耐久年数があります。
経年劣化は起こります。

快適に使い続けるには点検やお手入れが必要です。

早めに気付くことが出来れば、最小限に食い止めるが出来ます。

まずは点検されてみてはいかかでしょうか。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732