オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塗料のチョーキング現象(白亜化現象)とは?


紫外線などにさらされた屋根や外壁
塗料のチョーキング現象とは、日本語で白亜化(はくあか)と言い、塗装した壁や屋根などの表面が太陽から放射される紫外線によって、表層樹脂が分解され、さらに熱や風雨などにさらされることによって劣化し、色の成分の顔料がチョークのような粉状になって現れる状態のことです。

通常であれば約10~12年ほどのタイミングで現れてきますが、適切な施工が行われていない場合などの場合には5年以内にチョーキング現象が起こります。

触ってみて白い粉がついたら塗装のサイン

塗装のチョーキング現象 白亜化現象って?
壁に寄っかかっていたら壁に当たっていた部分が白くなっていたとか、手で撫でたら白いのがついた、雨に濡れたり水をかけると色が変わったというのがチョーキング現象が起こっている状態になります。
少しつく程度であれば問題ありませんが、真っ白になるほどにつく場合は塗料の保護機能が低下している状態にあるため、すぐに塗装をする必要があります。

チョーキング現象の原因と対策

塗料イメージ 外壁塗装
チョーキング現象が早期に起こってしまう原因は主に塗装業者による以下のような施工不良が多いです。

高圧洗浄がしっかりなされていない
下塗りをしていない、適切な下塗り塗料を使用していない
・立地条件や使用条件に合った耐候性のある塗料を使用していない
雨天時に塗装を行った
・塗装間にしっかり乾燥させていない
・必要以上に塗料を希釈しすぎた、十分にかき混ぜられていない

素人が手順などの知識なく塗装した場合でも早々に起こります。

現象が現れたときの対策として、そのまま塗料を上から塗り重ねるのではすぐにまた剥がれたりひび割れたりしてしまうため、なんの対策にもなりません。
古い塗料を高圧洗浄できれいに落として、下塗りからしっかりと塗装しましょう。
チョーキング現象が発生するのを遅らせるために、クリア樹脂を塗布する方法もあります。

きちんと屋根材や壁材を理解し、立地環境に合った塗料を提案でき、正しい工程で作業できる塗装業者に依頼しましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732