オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

スレートの屋根の点検(メンテナンス)方法


スレート瓦屋根の点検方法
今回は、和瓦の屋根の点検方法に引き続き、スレートの屋根(カラーベスト、コロニアル等)の点検方法についてご紹介します。
全体の流れや大まかなところは和瓦の屋根の点検と同じですが、スレート屋根ならではの点検や補修があります。
違いも含めて、点検の流れを見ていきましょう。
IMG_0704-simple
屋根にのぼって、屋根全体を目視します。
スレート瓦は、安価で薄く、軽いものですが、割れやすいデメリットがあります。
全体を見て、割れや欠けている箇所がないか確認します。
また棟板金のめくれや浮き、釘の抜け等も見ます。
スレート屋根の塗装の状態をみる
瓦の塗装の状態を見ます。
過去に塗装された形跡があるのかや、色の抜け具合、塗膜の粉っぽさ(チョーキング現象)を確認します。
触ってみて粉っぽく、白い粉が出るようであれば塗装の時期になります。
棟板金の下地の状態を見る
棟板金の下地の状態を確認します。
釘が浮いていたり、サビていたりしていないか、下地が風化していないか腐敗していないかを見ます。
小さな欠けやひび割れには補修
以上の結果から判断をします。

スレートの小さな欠け程度であれば気にすることはありません。
また、破片があるほどであれば、シーリング(接着剤)で補修するだけで問題なく、2~3枚ほど割れているくらいであれば交換のみで済ませることができます。

しかし、割れている枚数が多い場合は、塗装や葺き替えをおススメすることがあります。
塗装が剥げている場合やチョーキング現象がみられる場合には、屋根の保護をするために塗装をおススメします。
コケや藻が生えている場合も高圧洗浄と塗装をおススメします。

まとめ

スレートの屋根の点検や補修の和瓦と違う点は、塗装の状態を確認するというところでした。
塗装の必要がないとされる和瓦でも塗装することがあります。
その場合には、塗装の状態を確認します。

次回は金属屋根(トタン等)の点検方法についてご紹介したいと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732