オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

自然災害が多い昨今、屋根はどれくらいの風まで耐えられるのか?


近年異常気象が続いています。
豪雨による、浸水被害。
強風による屋根の被害など様々な被害がおきています。


実際、どれ位の風の強さまで、無被害でいれるものか調べてみました。
台風の定義の一つに風速があります。17m/s(メートル/毎秒)以上の風が吹く事です。
和瓦 台風
風速10m/sですと傘が上下逆さまになります。


風速25m/sですとが飛んでいきます。
瓦は釘で打ち付けているので、そうそう飛ぶ物ではないですが
一枚飛び出すと、下から風が入り込み、ドミノのように飛んでいきます。
風速30m/sを超えるともう無理。
スレート屋根 台風
他の屋根材も調べてみました。


スレート瓦、コロニアル等などは、メーカーにもよって違いはありますが、
50m/sでも飛ばないと言われています。

風の圧力を受けにくいです。
ただ、瓦と比較すると、風による飛来物などには弱いです。
葺き替え予定の方必見!屋根材選びのポイント【金属】
合板、ガルバリウム鋼板等は風にも強いですね。

鋼板と鋼板をかみ合わせて設置しますので強いですね。
飛来物にも基本的には金属なので強いです。
屋根材によっても大きく変わりますね。
見た目も変われば、強度、軽度も様々です。
リフォーム、新築時の屋根選びも大事ですね。
ないに越したことははないですが、
なにか起きてからでは大変ですので
一度、屋根の点検が必要かもしれないですね。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732