オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三角屋根と陸屋根のメリット・デメリット


三角屋根と陸屋根のメリット・デメリット

『日本家屋=三角屋根』というイメージが強いですが最近ではデザイン性に優れた住宅が増えてきました。

一昔前は、陸屋根といえばビルのイメージでしたが今や一般住宅でも陸屋根が普及してきましたよね。

お屋根の形状はざっと数えて10種類以上はあり、実に様々です。

こちらのページでお屋根の形状を一挙ご紹介してますのでご覧ください

あなたの屋根はどの形状?

 

今回はざっくりと三角屋根と陸屋根で比較してみましょう

三角屋根とは?

三角屋根と陸屋根のメリット・デメリット
皆さんがよく知る三角屋根は、2つの面を組み合わせて作られるシンプルな構造の屋根で別名『切妻屋根』ともいいます。
シンプルなため施工もしやすく、和風なお家・洋風なお家どちらにも似合うので最も普及している形です。

【メリット】

水はけのよさ!!
◎他屋根の形状よりも費用が経済的
◎ソーラーパネルが設置しやすい
◎屋根裏のスペースが確保できる
◎全ての屋根材が利用可能

【デメリット】

◎妻側(ケラバ側)の壁面が劣化しやすく雨漏りにつながるケースがある
◎多く見る屋根の形なので個性が薄れる

と、正直デメリットはほぼないですね。
なんといっても水はけの良さがポイントです
どんな形の屋根でも築年数が経てば劣化してくるものなので定期的なメンテナンスは必要です。
しかし、三角屋根(切妻)の場合は将来必要になるリフォームや防水工事等の費用も他と比べ経済的だといわれています。
和風・洋風、どちらにも合う形というのも魅力ですよね

陸屋根とは?

三角屋根と陸屋根のメリット・デメリット
最近よく見かけるようになった陸屋根ですが、外観はとてもスタイリッシュでシンプルおしゃれな感じですよね
三角屋根(切妻)と根本的に違うのが、傾斜の有無です。
水平な屋根、陸屋根ならではのメリット・デメリットを持っています。

【メリット】

◎スタイリッシュな外観
◎屋上スペースが活用できる
◎広めに室内空間を確保できる
◎メンテナンスのしやすさ(屋上の場合)
◎屋根に雪が積もっても近所に落ちてこない

【デメリット】

◎水はけの悪さ
◎屋根の真下の階・部屋が暑くなる
◎ロフトの設置が難しい

いかがでしょう?
やはり陸屋根の最大のメリットは外観ですかね
シンプルなのにスタイリッシュでクールな雰囲気が魅力的だと感じる方は多いと思います。
屋根下の階が暑くなるのは屋根がそのまま天井となる陸屋根では仕方がないこと・・ただ、屋上を活用できるのでガーデニングや家庭菜園つくるなど屋根に直射日光が当たらないようにする工夫があると良さそうですね。
陸屋根のマイナスポイントは、水はけの悪さ故に雨漏りの発生率が高いことです。
屋根が平らといっても雨が流れる様若干の勾配はつけられていますが、三角屋根と比べるとどうしても雨水やごみが溜りやすいです。
そのためにも、防水加工はしっかり行い定期的にメンテナンスをする必要があります。
ただメンテナンスは足場が必要になる三角屋根よりも足場が必要ない(ことが多い)陸屋根のほうが楽で費用も若干抑えられると思います。

まとめ

ざっくりと三角屋根と陸屋根のメリットデメリットをご紹介しました。
どちらにも言える事、物というのはなんでもそうですが年数が経てば劣化してくるもの。
特にお家というのは大切な財産ともなるわけですからしっかりメンテナンスを受ける事が家を守ることに繋がります。

皆さん是非お家の様子をチェックしてみてください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732