オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

金属屋根の点検(メンテナンス)方法


金属屋根の点検方法
和瓦、スレートの屋根に引き続いて、金属屋根の点検方法についてご紹介いたします。
金属屋根は、和瓦やスレートの屋根とは違い、重ね合わせて葺いているものではないので雨漏りしにくい屋根です。
金属屋根には、トタンをはじめガルバリウムやステンレス、チタン等の様々な屋根材のものがあります。
そんな金属屋根の点検方法の流れを見ていきましょう。
塗膜の剥がれ
屋根にのぼって全体を目視します。
屋根のサビや穴、棟板金の釘の浮き、抜けを見ます。
金属屋根の全体を目視する
スレートの屋根同様に、金属屋根の塗装の状態を見ます。
過去に塗装したことがあるのか、塗膜の剥がれや粉ふき(チョーキング現象)があるかどうかを確認します。
たわみがないか
屋根の下地の状態を見ます。
屋根の上を歩いて、たわむところがないか確認します。
折板屋根の場合はたわみの確認はしません)
勾配がゆるやかな屋根では特に入念に確認します。
たわむところは、結露などの水分によって下地が傷んでいる可能性があります。
また、屋根に穴が空いてしまっている場合は下地の交換が必要になる場合があります。
屋根の状態をみてどうするか判断する
屋根にサビがある場合は、早めの塗装をおススメします。
金属屋根を長持ちさせるためには、張り替えすることがありますが、金額がかかってしまうため比較的安価に済ませられる塗装の方をご提案することがほとんどです。
穴やサビが広い面積に広がっていなければ塗装するだけで問題ありません。

まとめ

和瓦、スレート、金属屋根の大きく3つの屋根材の点検方法を3回に分けてご紹介させていただきました。
屋根の専門業者の方が屋根の上にのぼってどんな点検をされているのか少しご理解いただけたでしょうか?
よほど屋根の状態が悪くない限りは、いきなり葺き替えなど大工事をご提案させていただくことはありません。
点検の際には屋根全体と気になる箇所などの写真を撮って、その写真を見ていただきながらどういった補修が必要か相談しながら決めていきます。
わからないことや気になること、こうしたい等、お気軽にご相談ください!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732