オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雹が降ってきたとき天窓は割れたりしない?


29e524f097a1d61dcdca18ff50e367df_s
近年、日本だけでなく世界各地で異常気象が起こり、甚大な被害が出ています。

天窓をすでに設置されているお家や、これから設置を考えているお家は、雹によって天窓のガラスが割れたりしないかと考えられたことがあるのではないでしょうか。
もしくは、昔に設置していて雹で天窓のガラスが割れてしまった経験がおありのお宅もあるのではないでしょうか。
春や秋の季節の変わり目は雹が降りやすい季節です。

日本では、大きくてゴルフボール大の雹が降ったという記録が観測されています。
2000年5月に降雹があった茨城県や千葉県では、雹によって打撲や割れたガラスでの負傷者が約160人にも上ったそうです。
ガラスの破損は家屋だけでなく、人にも大きな被害をもたらします。

天窓の安全性をテスト

雹の打ち込みテストに合格したベルックス社の天窓
天窓のメーカーであるベルックス社では、降雹が多いオーストラリアで天窓の安全性を検査するため、雹の撃ち込み試験が行われました。

オーストラリアでは雹の被害がとても深刻で、損害保険額が10億豪ドルを超えています。
昨年の2018年12月20日、オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州では最大8cmの雹が、シドニー近郊でも5cmの雹が降ったと報告されており、車や家の窓ガラスが割れたり、大規模な停電が発生するなどの大きな被害を受けました。

ベルックス社の天窓のガラスはすべて強化ガラスが装備されていますが、大きな雹の衝撃に耐えられるのでしょうか。
雹の撃ち込み試験は、ガラスの中心だけでなく、四隅や一度打ち込んだ箇所に複数撃ち込んで状態を見るものでした。
以下がテスト結果です。
雹の数
32個
雹の最大直径
72mm
雹の最大直径
180g
雹の撃ち込み速度
時速172km
天窓ガラスのダメージ
なし
引用:ベルックス社HP
車をボコボコにしてしまうほどの威力のある氷玉を受けても、傷一つ付きませんでした。
テストの様子はYouTubeでベルックス社のチャンネルでご覧いただけますので、ご興味のある方はぜひ検索してみてください。

7cmの大玉が野球の最高速度の投球よりも速い速度で降ってくる雹の衝撃に耐えられるベルックス社の天窓。
取替えや新設の際は、ぜひご検討されてみてはいかがでしょうか。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732