オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の便利な豆知識


屋根の便利な豆知識
普段何気なく見ている住宅のお屋根は、形や色、材質など実に様々ですよね

『和風で日本らしさを取り入れたい!』『洋風なお家に憧れる!』『シンプルでモダンな感じが良いね!』など、それぞれが抱くマイホームのイメージに合わせてお屋根を選ぶ方は多いと思います。
もちろん、イメージに合わせて選ぶことも大事ですが、いろいろなお屋根のデザイン(勾配や形、角度)によって役割があり、マイホームの寿命を延ばすことが可能なんです!

今回はお屋根に関するちょっとした豆知識をご紹介しますので、是非参考にしていただければと思います

屋根の勾配とデザイン

屋根は勾配と屋根材によって雨漏りのリスクが増減します。

【勾配がきつい屋根】
勾配がきついほど水切れが良くなるので雨漏りのリスクが低減します。

【勾配が緩やかな屋根】
緩やかだと、雨水が流れにくいので雨漏りのリスクが高くなります。

各屋根材によって勾配に対する許容値が細かく定められています。
急勾配の屋根に瓦は重いので、外れて落ちてきそうですよね・・
また緩やかな勾配には防水性の高い金属屋根が使われていることがほとんどです。
金属屋根は防水性が高い・軽い・加工しやすいことから万能と言えます◎

軒天が外壁の寿命を決める!

ほとんどのお家では外壁から出っ張ている屋根部分があります。
この天井部分は軒天といい、出っ張っている範囲が狭いお家と広いお家があります。

【広い場合】
外壁に日が当たりにくくなることや、雨の影響を受けにくい事で外壁の寿命が延びます。
ただ、広いとそれだけ重量が嵩んでしまうので耐震性が難点です・・

【狭い場合】
一方、狭い場合は紫外線や雨の影響を受けやすいため劣化スピードが速まります。

屋根に合った雨樋が必要?

屋根の便利な豆知識
屋根の形状:寄棟

屋根が4面あるため4方向へ流れる。
一方方向に流れる雨量は少ない。
屋根の便利な豆知識
屋根の形状:切り妻

屋根が2面のため2方向へ流れる。
一方方向に流れる雨量は多い。
屋根の形状によって一方方向に流れる雨水の量が違うのは、イメージしてみるとわかると思います。

上の写真、寄棟と切り妻屋根の総面積が同じだとして雨が降ってきた時に、より大きな雨樋が必要になるのは切り妻屋根です。

寄棟は屋根が4面、切り妻は2面になります。
つまり、同じ雨量を受けたとき4面の寄棟よりも2面の切り妻のほうが排水性が高い雨樋が必要 ということになります。

まとめ

屋根の便利な豆知識
以上、お屋根のちょっとした豆知識をお伝えしました!
これからマイホームを建てる予定の方、建て替えやリフォームを検討中の方々のお役に立てればと思います

今回ざっくりとご紹介しましたが、こちらでは写真やイラストも多く詳しくまとめてますのでご覧ください

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732