オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天窓に使われているガラスの種類と特徴


天窓のガラスにはどういったものが使われているのでしょうか。

天窓は屋根についているので、屋根同様に風雨や紫外線、粉じんやゴミなどの飛来物によるダメージを常に家の壁にある普通の窓よりも受けやすい状態です。
そのため、通常の窓ガラスよりも強固で割れにくくかつ汚れにくいものが使用されます。

使用されるガラスの種類には、強化ガラス、網入ガラス、複層ガラス、合わせガラスの4種類があります。
天窓のガラスは割れにくい強いガラス
普通のガラスよりも3~5倍の強度があるとされている強化ガラス。
一番の特徴としては、通常のガラスだと割れたときの破片は鋭利で手を切ってしまうことがあります。
ですが、強化ガラスは割れたとき砂利の粒のように粉々に砕け散るため、手を切ってケガをすることがほぼありません。
そのため、飲食店や子供が使用する家具などにも安心して使用できる安全なガラスです。
高速道路の高架付近など、車両の往来による飛び石の危険がある場所に立地している場合は強化ガラスの使用をおススメします。
天窓用に網入りガラス
網入ガラスは、透明ガラスの中にワイヤーが網目状(ダイヤ模様またはスクエア模様)に入れられたガラスです。
火災などによって過熱された際に割れて飛び散るのを防いだり、目隠しのための効果もあります。
ただし、網入ガラスは主に防火設備用のガラスであるため、強化ガラスにすることはできません。
近隣に火気のある工場などがある場合や、隣の家と近い場所にある天窓など、外部からの火が入ってきやすい環境にある天窓に網入ガラスが使用されています。
天窓の複層ガラスは断熱材の効果
複層ガラスは、2枚以上のガラスを重ねて、その中間部分に乾燥させた空気やガスを封入したものです。
断熱材と同じ原理で作られているため、夏は太陽からの熱を遮断し家の中を涼しく保ち、冬は家の中に冷気が入らないように、そして暖かい空気が逃げないようにしてくれます。
夏や冬の寒暖が厳しい地域の天窓に適しています。
合わせガラスはおしゃれ!
合わせガラスは、2枚以上のガラスを強じんな樹脂膜で貼り合わせたガラスで、普通のガラスと比べて強度が高く、割れたときに破片が飛び散りにくいので安全性が高いという特徴があります。
メーカーによって、自分の好きな色やデザインを合わせガラスの間に挟んでオリジナルのガラスを作ることができるところもあるそうです。
安全性だけでなくデザイン性も自由にできるため、自分の好みにこだわりのある場合は合わせガラスをおススメします。

(画像出典:オーダーガラス板.com)

まとめ

4種のガラスには強度や防火性だけではなく、防汚効果、防水効果、断熱効果、耐久性など天窓に適した効果が他にも備わっているものもあります。
またブラインド付きだったり網戸付きだったり、防虫効果のあるものもあります。

立地場所や方角、地域などの状況に応じて適したガラスがありますのでお気軽にご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732