オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防水工事に適した時期がある?


なぜ時期を考えるべきか

防水工事に適した時期がある?

日本には四季があり、気温や湿度などの変動がありますよね。

この気温や湿度が防水塗料に影響してくるので時期を考えなければなりません。

ただ、春夏秋冬ぞれぞれにメリット・デメリットがあるので絶対この時期がいいというのはありません。

ですので、メリット・デメリットを理解したうえで工事時期を考えるのがお勧めです。

メリット

◎温度の幅はありますが、最低気温・最高気温ともに過酷な範囲まではいかないので行いやすい

◎下地補修・塗装などにとっては良いコンディション

◎湿度が低く塗料が乾きやすい


デメリット

✖気候はいいが季節風が強く枯れ葉やごみが飛んでくる。

 施工時に硬化する前に異物が付着すると仕上がりに影響が出てしまう。

 

メリット

◎気温が高いため硬化が早いので施工がスムーズ。


デメリット

✖逆に気温が高すぎると急激な硬化により品質が落ちることがある。

✖梅雨頃は雨のため施工がスムーズにいかないことが多々ある様・・

✖夏は特に台風が多いためその都度足場の強風対策をすると余計な費用がかかる。

✖非常に暑い時に施工した防水シートは真冬には縮む可能性あり

メリット

◎春と同様、湿度が低く塗料が乾きやすいため施工がスムーズ。

◎天候も夏や冬に比べると比較安定しているため工事が予定通り行える。


デメリット

✖ただし夏らしさが続き台風や豪雨が原因で工事が延期してしまうこともある様・・

✖逆に工事が長引いてしまい冬に突入することも考えられる。

 

メリット

◎夏に比べると晴れが多い


デメリット

✖効果が遅いため段取りが大変

✖塗料が凍ったり結露する可能性がある

✖日照時間が短いため工事期間はながくなる

✖非常に寒い時に施工した防水シートは夏には伸びてしまう可能性あり

 

 

 

 

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732