オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏りが発生してしまった!そんなときの応急処置


雨漏りしたときの応急処置
大雨が続いたり、ゲリラ豪雨や台風等の天災に見舞われたとき、雨漏りが発生してしまうことがあります。
雨漏りするようになってしまってすぐに業者に頼んでも、すぐに対応することができない場合があります。
業者が対応に来てくれるまで好天に恵まれればよいのですが、もうすぐ訪れる梅雨の時期や、夏の夕立やゲリラ豪雨がいつ襲ってこないとも限りません。

そういった場合の雨漏り応急処置法をご紹介します。
屋根はブルーシートで応急処置
必要なものはブルーシートと土のうです。
屋根や屋根裏で雨漏りしている箇所がわかるようであれば、その箇所にブルーシートをかぶせて、風で飛んだりしないよう土のうを乗せて固定させます。
屋根の上にのぼる際は、転落の危険があるため十分に注意が必要です。
風が強い日はのぼらないようにしましょう。

屋根が高く、梯子も届かないような場所の場合は、危ないので無理してのぼらないようにしましょう。
屋根で作業する際はかならず補助や万が一のときのための連絡をするため、2人以上の人数で行いましょう。
平屋の屋根でも5mほどあり、転落すると大きなケガを負ってしまう可能性があります。
防水テープ
室内で天井や壁から雨水が滴ってきたときは、防水テープやコーキング剤で応急処置をすることができます。
防水テープはコンクリートや木材の壁でも貼り付けることができるので、業者による修理が来るまでの応急処置として簡単に使用することができます。

防水コーキング剤は、コーキングガンと一緒に使用して、壁のひび割れなどを埋めます。
防水テープに比べると、若干の手間と費用、テクニックが必要になる上にほぼ補修作業になるため、応急処置よりもそれなりにしっかり補修したい場合に使用します。

その他の処置

天井や壁、滴り落ちた床に雨ジミができてしまうかもしれませんので、雑巾や要らなくなった布などを敷きます。
ポタポタと落ちてくるとこには洗面器やバケツをおいてその中にも、要らない布を入れておくと滴る音が気になりません。
あと、窓際近くが雨漏りしていたら、シミで汚れてしまうのでカーテンを外しておきましょう。

雨漏りの相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談ください!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら福岡博多店にお問合せ下さい!
9時半~20時まで受付中!!
0120-895-732